2010年09月20日

自鯖を再構成、再起動

サーバーとして使用していたPCが死亡したので、急遽追加パーツを購入して復旧を行いました
今回は、Atomの処理向上及びメモリ4GB化、そしてソフトの64bit化を行いました
Atom D510のスコア

OSが死亡したのは、HDDが原因とはっきりしているので、交換
ついでに、マザーボードを交換して処理能力向上とメモリ処理向上も行いました

今回の購入物品は、

部品

品番

価格

CPU・マザーボード
Foxconn D51S \6,979
HDD(SATA500GB)
HDS721050CLA362 \3,999
メモリー
DCDDR24GB800 \8,479
ですが、ひそかに準備していた物も導入しました

サーバーの場合は、読み出しが多いので、その対策としてSSDを使用したSST-HDDBOOSTによるファイルのキャッシュ化を行いました
SSDは32GBで、メインPC用に購入していましたが、サーバーの方が適しているので内蔵しました(そのため、USB接続のメディアカードリーダーは取り外しになりました)

Windows7 64bit版をインストールするために、一度Xp(32bit)をインストールしたあと64bit版を上書きインストールをして動作させました・・・が、認証ではねられました
死亡したHDDにインストールした分が有効と判断されているので、マイクソフトのサポートに電話をかけて事情を説明
あっさりと認証用の処理を行ってくれました(HDDによる入れ替えと説明だけで認証してくれました、3ライセンスですけど、どれかは聞かれず)

インストール後の性能は、

スコア

プロセッサ 3.3 3.4
メモリ 4.4 4.6
グラフィックス 2.2 3.3
ゲーム用グラフィックス 3.0 3.1
ハードディスク 5.9 5.9
となりました

グラフィックスとメモリの向上がメインですかね
HDDは、キャッシュディスクの有無は関係ないみたい

この後、Apache、Perl(64bit)、PHP、のインストールでシステムの復旧は完了しました
接続しているスキャナとプリンターも設定しましたが・・・

サーバーに公開していたデータは、死亡したHDDに別パーテーションで保存していたのでUD-500SAを利用してサルベージが可能でした
マイドキュメント関係をDドライブに設定していたのは救いでした
Apache等は、7月に行っていたバックアップにより設定は殆ど回復されています

なんとか復旧はしましたけど、重大なデータ欠損がなくてなによりでした
posted by ゆにふぁい at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163259459
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック